大阪で会計監査や各種申告の事なら会計士にお任せ下さい、竹内総合会計事務所

竹内総合会計事務所
Tel:06-6265-5088 Fax:06-6265-5055

会計・税務サポート

毎月の損益を試算表をもとに正確に把握することで、売上管理、予算管理、資金繰り管理を徹底的にサポートします。

経営計画の目標達成には月次監査は必須事項です

会計サポート

毎月の会計監査なんて必要ないのでは?…

とお考えの経営者の方は多いのではないでしょうか?
社内資料で損益は把握できているから…資金繰りはうまくいっているから…
など色々な理由をお持ちでしょう。
しかし…実際に銀行から融資を受ける際に提出する書類は何が必要でしょうか?
3期分の決算書と進行の事業年度の試算表です。社内の損益資料のみでは融資を受けることは不可能です。
竹内総合会計事務所では、経営判断を月次ベースで管理・実行して頂くために、月次監査の徹底を重要視しております。

月次監査の内容は次の通りです。
  1. Step1. 月次監査↓
  2. Step2. 月次試算表作成↓
  3. Step3. 月次訪問による報告

当たり前のようなこの作業を、実直に12ヶ月繰り返すことで経営は大きく変わってきます。
会計監査以外のサポート内容は
記帳代行(会計事務所側でのデータ入力)、給与計算、社会保険手続きの代行、就業規則の作成サポートなどがございます。

決算前検討会、書面添付制度など充実した竹内総合会計事務所の税務サポート 決算・申告サポート

3月決算の会社の場合、申告期限は5月末日となります。決算月から2ヶ月間は申告書の作成、12ヶ月の最終データ確認などの作業に時間を費やすこととなります。
決算に関する会社-会計事務所の打ち合わせはいつのタイミングで行っていますか?
4月や5月に打ち合わせを行ってもあまり意味がありません。
なぜなら、4月以降は預金、現金を動かしても当期の決算とは関係ありません。
もう一つ、決算の打ち合わせ時に重要なこと、それは翌期の利益計画に関するお話です。
当期の損益や資金繰りの内容をもとに、経営者の方から来期の利益計画に関するお話をお伺いし、会計人の立場としてアドバイスを致します。
会計データをチェックし、申告書を作成するだけではなく、経営者の方と共に利益計画を作成し、その計画が実行されているか予実管理(予想と実績の管理)することも我々の重要な仕事です。

決算前検討会の主な内容は次の通りです。
  1. ・当期の財務内容報告
  2. ・税額予想と決算対策
  3. ・次年度利益計画
  4. ・役員任期・報酬の確認

税務調査に対する対策としての「書面添付制度」、基本的な決算申告の流れについてもご確認ください。

個人の相続、贈与から法人の事業承継、自社株対策まで幅広く対応致します。 自社株対策や株価対策も税理士がお答えします

会社の経営と同様に、相続や贈与、事業承継などについても可能な限りの事前の対策が必要となります。

相続税、贈与税の考え方は次の通りです。
  1. ・相続税…個人が死亡した場合、その個人の財産を相続した相続人に対して課税される税金
  2. ・贈与税…個人が贈与により財産を取得した場合、贈与により受け継いだ財産に対して課税される税金

これらは経営者の方に限らず、個人の方全てに対応させて頂きます。
一方で、経営者の方においては上記の相続、贈与に関係する詳細部分の対策とし、事業承継対策や自社株対策が必要となります。
事業承継においては後継者の選択、育成、経営権の承継、財産の承継と決定すべきことが多くありますので、計画性を持って対策を行う事が必要です。


税理士 大阪・竹内総合会計事務所TOPへ

大阪で節税対策・税務調査や経営・決算等の記帳ならお任せ下さい。

対応地域 大阪市、大阪狭山市を含む大阪府下全域・神戸市、尼崎市を中心とした兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

大阪市北エリア(東淀川区、淀川区、旭区、北区、都島区)、大阪市南エリア(東住吉区、住吉区)、大阪市東エリア(城東区、鶴見区、東成区、生野区、平野区)
大阪市中央エリア(福島区、中央区、阿倍野区、天王寺区、浪速区)、大阪市西エリア(西淀川区、此花区、西区、港区、大正区、西成区、住之江区)

税金対策は大阪市の税理士にお任せ下さい
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング8F
Tel:06-6265-5088 Fax:06-6265-5055
Mail:info@gaoffice.net